FC2ブログ

ヴォルムス Worms その2 午後のハイキング

緑の公園でピクニック
IMG_4033.jpg



マーティン・ルター記念碑  Martin Lutherdenkmal
 ルターが神聖ローマ皇帝の前でカトリックの免償を批
判したことから、1521年ルターを帝国追放刑にするこ
とを決定。ヴォルムスはその帝国議会が開催された地
として知られています。

DSC_4028.jpg



中世時代の町の外壁
IMG_4047.jpg

IMG_4043.jpg



ユダヤ博物館
IMG_4049.jpg

IMG_4048.jpg



午後のカフェ 
 (体操クラブの指導者のバイヤーさん)

DSC_4031.jpg



バスから見たニーベルン橋の塔 Der Nibelungenturm
 これから ブドウ畑のハイキングに向かいます。
 (15年前に初めて訪れた時、まずこの塔を通り抜けて
橋を渡ったのですが、当時は予備知識が何もなかった
こともあり、目の前に突然これが現れ、まるでメルヘンの
世界に吸い込まれていくようで、たいへん感激したので
した。)

IMG_4058.jpg



地元のガイドさんの案内でブドウ畑に入ります。
IMG_4063.jpg



ブドウ畑のハイキングの途中、老夫婦に仮装した地元の
方が現れ、郷土の話を聞きます。

DSC_4039.jpg



歩く自信が無いメンバーはトラクターに乗って追い越して
行きました。

DSC_4034.jpg

DSC_4036.jpg



地元の案内係りの方からブドウ栽培法の説明。
IMG_4076.jpg



有機栽培のブドウ畑
 葉の付き具合に大きな差があるということです。

IMG_4074.jpg



一般的な栽培法のブドウ畑
  葉と枝に勢いがありよく茂っていますが、ブドウの樹の
根元を見ると草が枯れています。それは農薬散布によっ
て枯れている、ということで、そのことでも見分けられる、
という説明でした。ちなみに 今年は長い雨と低温でぶど
うの成長は悪いのだとか、、。

IMG_4075.jpg



可憐なヒルガオが癒してくれます。
IMG_4073.jpg

IMG_4072.jpg



ブドウ園の小屋 Weinberghäuschen
 ドイツでは昔からそれぞれの村に一つの市庁舎、
2つの教会が建てられることが一般的でしたが、ラインヘッ
センでは、それに加えブドウ園に小屋が建てられてい
たそうです。
 ブドウ栽培にあたって年中欠かせない作業がある為、
お金持ちのワイン業者は包囲の壁と共に、作業員用に
多目的施設として、この小屋を建設させたそうです。
 建設にあたり、イタリアのアプリ地方からの出稼ぎ労
働者に彼らの故郷の建築知識に任せて作らせたのだ
とか。 

IMG_4087.jpg



町の家並
IMG_4088.jpg



ワイン醸造所で小休憩
 このカナッペとおいしいワインで歓談もはずみました。

IMG_4079.jpg



遅めながらも満開でうつくしいクレマティス
IMG_4082.jpg



雰囲気の良い醸造所の中庭での休憩も束の間。
(まだ これから歩くので、皆 ワインはほどほどにして
立ち上がりました。)

IMG_4083.jpg



この後 また少し歩いて、夕食はワイン醸造所の中庭で
ワインと共においしく済ませ、帰りはお土産にワインを
買って行く人もたくさんいました。
 ハイキングとしては物足りない距離と楽なコースでし
たが、みな無事で何よりでした。
 お天気も雨も降らず、かといって暑い日照りにもならず、
日陰の無いブドウ畑を歩くには最高で、お互いに喜んだ
ものです。
 バスは夜 9時過ぎ到着し、まだ明るいドイツの夏の
夜道をそれぞれの家路に就いたのでした。

スポンサーサイト



テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

あこちゃん2

Author:あこちゃん2
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR