FC2ブログ

初めて植えたアマリリス AKIKO 

11月初め、お花屋さんの店先に大きな球根が無造作にゴロンと転がした状態で売ってありました。
その名前のカードに「AKIKO」とあるのに魅かれ、なんの球根かもわからず購入してしまったのです。
名札には「HIPPEASTRUM」 と書いてありますが、何のことだか分からないし、写真では白い水仙のようにも見えます。
(因みにドイツ語でもアマリリス Amaryllis、英語でもアマリリス Amaryllisです。)
後は植えてのお楽しみ、というわけで、11月6日、なぞの球根植え付けとなりました。


11月26日
およそ3週間経ったところで、このような姿で顔をだしたのです。
これは水仙ではなくて、アマリリスの姿に似ています。
そこで、初めて「HIPPEASTRUM」という単語の意味を調べたら なんとアマリリス でした。
また、この白アマリリスは日本で品種改良されたものということが分かりました。
 この時点では、葉の方が高く蕾が低めです。
面白いことに 葉が真ん中でそれを挟むような格好で二本の丈夫そうな蕾の芯が出ています。
s-IMG_8040.jpg

s-IMG_8041.jpg



12月5日
植え付け1ヶ月後、蕾が葉の丈を追い越しました。
s-IMG_1412 (1)



12月12日
蕾は葉の丈を追い越したのに、まだ伸び続けています。
s-IMG_1413.jpg




12月18日
やっと、一輪開花!八重の白アマリリスでした。
なんの花か分からず植えたのに、きれいな花を咲かせてくれました。(ありがとう!)
s-IMG_8098.jpg

s-IMG_8096.jpg




12月25日
クリスマスには満開となりました。
s-IMG_8120.jpg

s-IMG_8117.jpg



アマリリスを育てて初めて分かったことは、葉が最初に出ても、10数センチ伸びるとそれ
以上伸びず、蕾だけがひたすら伸びていくこと、また、蕾は葉を挟むような格好で両側に蕾が伸びていくことです。

12月ごろになると、よくお花屋さんにアマリリスの切り花が売られているのですが、
そこには いつも背の高い花だけが売られているので、どうして葉がついていないのか 
不思議に思っていた謎が解けました。
他の花には見られない形体で、興味深く楽しませてくれました。



12月28日 
(追加です。)
二本の花で終わりだと思っていたら、今朝 3個目の蕾が出ているのを発見。(うれしい!)
これから 2本の花と共に またしばらく 楽しめます。
s-IMG_8122.jpg



2019年1月25日
追加
2018年12月28日3個めの蕾を見つけた後、現在は先に開いた2本の花は枯れてしまい、
3本目の花がその後を継いで、可憐に咲いてくれています。 

11月6日に植え付けて、長いドイツの冬を3か月以上楽しめてくれる白アマリリス AKIKO が
一層愛おしく感じます。

 
s-IMG_8181.jpg
スポンサーサイト



テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

あこちゃん2

Author:あこちゃん2
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR